謀叛和楽陣ライナーノーツ

振り向きDOYAFACE

ちょっと書くのが遅れてしまいましたが委託開始しました!



例によって読んでも読まなくても自由にどうぞなライナーノーツですです CD聴きながらでものんびりみてみてね ちょこちょこ音源など制作環境もかいてます(音楽制作者向けの横文字も多いので聞き流してね)
今回は全曲和楽器入り! ちょっとずつ楽器構成を変更した編曲になってますです せっかくの機械打ち込みだからこういうときはとにかくいろいろやってみたい系!ヾ( ⌒ヮ⌒ )ツ

 

 

140606_1____11. 太鼓の勝鬨
(始原のビート ~ Pristine Beat)

1トラック目はいつもの感じ! 今回はイントロ後はすっと引いての太鼓ソロどんどこ! 重ねていっても本格的に太鼓ばっかりという曲になりました雷鼓さんイエーイ!
メロディ部分も入れるはずが、サビとか結構大幅省略して残り全部太鼓にしましたどんどこどこどこ どんどこしたかった 終盤は原曲のどんどこを再現してますが、ぱちんぱちん鳴ってるのはバチかな? と思ってその音を当ててるのですがどうも似てない ウィップ系の打楽器かな? ケツドラムにしか聞こえない

メインになっているのはSonicaのBFD用Taikoで、それにアンサンブルのインパクト部分に8Dioかな? を組み合わせて作ってます オーケストラはこういうときはViennaは休んで貰ってQLSOとSymphobiaで

ところで雷鼓さんモノクロにしたらゆうかりnゲフゲフ!
140606_1____2

2. 高貴さと孤高のカナル
(運河を行き交う人妖)

ちょっとおしゃべり
大抵音楽作家って、何か既存のジャンルを作風としてやってるものなんですよね 私は神主の音楽が格別すごいなと思うのは、こう、なんだか似てないんですよね ジャンルはなんだろう 敢えて言うならゲーム音楽? ただ個性あるってだけでなくて、大抵音楽って完成度を上げようと思うと既存の何かに似せてプロっぽくなっていく部分あるんですけど、作風が維持されたままクオリティだけが上がっていってるというか、それってなかなかできるものじゃないなあと ZUN風オリジナルなんてのもあるぐらいだし、それでホントにそう聞こえるんだからもう本人がジャンルですね

以前の神霊廟のアレンジCDも同様ですけど、2トラック目は大抵2面倒中で、一番最初に作って、一番時間をかけてます 狙って作ったことはないですけど、いずれ自分も聞くだけで「ああこれ多分まさみティーやな」と分かる程度の個性を保ちつつ良い物ができたらなあと思ってるんですが、全然遠いかなーという感覚です 誰にもない個性と誰にでもいける普遍性は、個性出しづらい打ち込みインスト音屋のあこがれですです

と前置きが長くなってしまいました(・ε・;)楽曲は和楽器を中心にすることをメインに考えながらポップになるといいなという感じで作ってます といいつつ、三味線と対にした中東のoudやアフリカのkora、笙代わりのmelodicaなどいろいろ混ざってます あくまで和楽器曲に混ざるポップス楽器群と同じように扱ってるので、ちょっと聴かない感じの和楽器インスト曲の音になったんでないかなーとおもいます なってるといいな!

この曲はピアノイントロで始まり、1:46から二番 3:06からが三番でScabee Mark Ⅰのエレピが原曲の一番最後のループ直前のメロディで、そこから同じ楽器がメロディのまま続いていってるんですが、これがこのアレンジで初めて登場する原曲のイントロで、「1番2番でずっと鳴ってたピアノは原曲イントロの伴奏パートでした」という構成になってます でもアレンジが激しいので、3分待ってようやくイントロが来た! みたいな感動は薄いかも⌒ヮ⌒;

3番はそのままサビに入り、大幅アレンジで盛り上がりつつも4回目のイントロパートで静かに終了

 

140606_1____3

3. 満月の楽しみ
(孤独なウェアウルフ)

流れだけ見るとわりと原曲そのままだけど、とにかく全部2倍はやまわしで作ってます 大分印象違って聞こえるかも 個人的になかなかいい結果になったんじゃないかな(自画自賛)

この曲は和楽器を使うということはあんま意識してないというか金管! この金管のソフトシンセすごい SampleModelingという名前のデベロッパなんですが、異様にかっこよくて感動しましたイエーイ!(すぐにソフトシンセの話ばかり始める)かなり音はポップスなのでFairchildの……UADかWavesか忘れたけど深めにかけてます 1トラックでも使ってるけど、あちらはIrcam Spatで、こちらはドライミックス

かげろうさんかわいい あとドット絵のアニメーションいいよね アマノジャクでじっくり変身シーン見ることが出来るけどすごく凝った動きしてる シルエットになってぐるっとまわって狼わおーん

 

140606_1____4

4. 静寂の姫
(ミストレイク)

最近ちょくちょく作るようになったスローテンポ楽曲 やっぱり打ち込みだとスローな曲って簡単な印象 ソフトシンセさんが主に素晴らしい(演奏するとスローテンポなのって上手い演奏に思わせるの大変になるけど)
曲に関してあんまいうことないですね ゆったり和楽器曲 一時期から大抵4トラック目は落ち着き気味な曲です その中でも特にゆったり系
そういやバックに湖の音がうっすら流れて楽曲の隙間埋めているんですが、これSonyの効果音集みたいなのセールだったので買いました しばらくサウンドエフェクト困らなそうで満足顔

全然関係ないんですがミストレイクって霧の湖って英語なんですね カタカナで並んでたから最初ミストルティンみたいな単語かと

そして更に関係ない話ですが絵に時間をかけすぎて色々遅れました(本末転倒)わかさぎ姫いいよね…… 画像は単体表示するとブログ記事表示より結構大きいです

140606_1____5

5. どろどろどーん
(柳の下のデュラハン)

自分で作っておいてイントロが様になりすぎて笑うしかない⌒ヮ⌒ 直前に題名のない音楽会の黒御簾特集見た影響がたっぷりでました

もう大分みんなやってそうだけどやっぱり三味線でやりましたイエーイ! 原曲が特徴的なベースの動きであまりコードが埋まってないのでどんなかんじにしようかなと思ったけど、オーソドックスにホルンで埋めるといい感じになってくれてよかったよかった 2:06のホルンの裏打ち部分で箏に意識しつつ三味線16分音符ぼんやり聞くと楽しく聴けるかも♪(・ε・)♪

赤蛮奇ってなんだか独特の存在感というか不思議な魅力あるなあ それにしても頭が分裂して目からレーザーってどんだけお茶目なんでしょうねばんきちゃん

140606_1____6

6. 和装のブレイブハート
(輝く針の小人 ~ Little Princess)

針妙丸ちゃんかわいい(直球)

例によって自分の曲に自信はないんですが、特にこれは最後まで作っておいて良い物が出来たかあんま自信なかったのです
というのも、どうしても輝く針の小人族を入れたい! と思ったはいいもののうまく和楽器でありつつ他のトラックにない構成をしようと思った結果、公開してないオリジナル曲が結構あるので、それのセルフパロディというか、そんな感じで作ったのです

いやー ほんと 針妙丸ちゃんかわいい 小人族いい もうそれ以外言うことない ほんとかわいい 普段そんなにちっちゃいキャラ好きというわけではないんですが、1枚自分で描いたら これはかわいいぞと 2枚描いたら やばいまじかわいいどうしよう みんなも針妙丸ちゃん描いてみよう かわいい あっこのままもうかわいいかわいいしか言わなくなるのでこの後カットでお願いします ああもうほんとかわ

140606_1____7

7. RI
(リバースイデオロギー)

タイトルから曲調から浮いてて帯コメントガン無視正邪君

最初このCDを作る際、大抵5ボスなので表紙を正邪にすることは決まってたんですが、つまりそれは帯のコメントをこいつに喋らせるということで、正邪が喋るんだから、正邪のアレンジが正邪の喋った内容通りにならないのでは?

という理由でこういうアレンジになりました!!(キャラ優先主義)

宣伝文句でアコースティック系を伴奏にといいながら和楽器以外は全部デジタルシンセ! イエーイ! 素人というかほぼ初挑戦レベルでのダブ+ちょっとエレクトロ?だとおもいます(ジャンルの差もわからんレベルで初心者)

わりと丸々参考曲あるんですが、でもやっぱりみんな悩んだり参考にしたりして作ってそうですよね 他の方のであっこれXilentまんまっぽい? とか、以前聞いたことあるきがするとか思うのちらほらあってああーとおもったりします 私の知らないだけで結構そういうことってあるのかなーとかなんとか じゃあにとりでアレンジもあるかなとか
しかしMassiveにLFOをFilterに組んでSine Shaper送ったり、FM8でルーティングして声つくったり、いろいろ挑戦してみたけどみんなこんな大変なことやってるんだなあ……いい経験になりましたhai

あとこの曲は友人の和泉幸奇さんの販売してたキックを使いました
Kick Constructor Vol.1
明らかに低音出てないいまいちな既存のキック2つのうち片方を和泉さんのに差し替えたらあら不思議! あっという間に目立つトラックに! というセールストークそのままに効果がはっきり出ました みんなも買おう(宣伝)

あと和泉さんには会場分の梱包も手伝ってもらいました おせわなりまくり ありがとね!

140606_1____8

8. 紫と茶の絡み
(幻想浄瑠璃)

(タイトル絶対眠いときにつけたな……)

べんべんべべん 三味線と箏とピアノに少なめの打楽器という少部数編成でちょっと尖ったかっこよさになるように作りました とりわけ三味線は細かく調整してます(べんべんちゃん見る限り琵琶っぽいけど) どちらもEastwest RaとImpactSoundWorksのパッチを読み込んでいたと思うのですが、キースイッチを改めて見るとRaのってなかなかいいなあと思ってそっちメインでやってます

なかなか三味線と箏がまざらなくて(あと同楽器の別会社間の音の違いでも)まいりました Wavesのお気に入りTransXちゃんにがんばってもらいました TransXちゃんとSonalksisちゃんは他のものだとやりにくいところまで手が届く大天使
ちなみにクレイジーサイコレズR-17.9みたいな絵になる予定でしたがやめました

140606_1____9

9. 過ぎれば大抵は悪い気はしないもの
(不思議なお祓い棒)

タイトル曲めっちゃやりたかった!! 今回のタイトル曲めっちゃいいです

実はジャケット提出日の数時間前に「曲順が気に入らない」という理由で急遽時間だけ計って無理矢理ねじ込むことを決めた曲です 我ながら思い切ったなあと思うのですけど、その甲斐あってCDをうまくまとめてくれたトラックになったんじゃないかなとおもいますです なので作り終わったらちょっとテンポはやかったかなーと思っても修正できなかったり まいっか

とにかくオーソドックスな編曲なので特にいうことないですね 和楽器に普通のオーケストラ系の伴奏楽器で普通のテンポ 原曲ほぼそのままなぞりです

この曲で思ったんですが、永夜抄の「永夜抄 ~ Eastern Night.」が一拍足らないのが欠けた月という意味合いと思うと、不思議なお祓い棒が一拍多いのはこの余計な道具があるという意味合いで作ってるのかな? とか思いながら聞いてました 自動的にチルノちゃん殴りに行く不思議なお祓い棒さんつよい
それにしてもこの曲の、長年作ってきたタイトルテーマを主に最後の最後に入れる感じ いやー いいですねー 主題で音楽制作している人なら誰もが憧れる形式とおもいますです その形をリスペクトして、私も最後の最後に全員でそのメロディをみんなで鳴らすという形でこのCDの締めとしています

長文 おつかれさまでした!ヾ( ⌒ヮ⌒ )ツ

謀叛和楽陣ライナーノーツ」への6,073件のフィードバック